モンマルトルの丘

モンマルトルの丘・・・1954年映画「フレンチ・カンカン」主題歌
La complaite de la butte(「丘の嘆き歌」という意味)
作詞:Jean Renoir
作曲:Georges van Parys
訳詞:岩谷時子
参考音源;
  コラ・ヴォケール:Ab
  ムルージ:D
  パトリック・ブリュエル:C
  越路吹雪:C・・・(訳詞:岩谷時子)以下、同じ
  渡辺歌子:C
  奥田晶子:B
  花田和子:Ab
  島本弘子:G~Ab
  夏木妙子:Ab     【敬称略】
楽譜;シャンソン・ベストより作成
この楽譜はコードがCで書かれている。
コラ・ヴォケールがAbだから、創唱者のキーではない。
コラ・ヴォケールは
映画「モンマルトルの丘」に出演していない。
【吹き替え】として、声だけの出演である。
作曲家のParysは、最初からコラ・ヴォケールを念頭に置いて作ったそうだ。   (藪内久著「シャンソンのアーティストたち」より)
シャンソンの典型CoupleとRefrainの構成ではなく、最初に導入の語り部分Verseがある。

このVerse部分で、この歌の紹介をしている。

【出会った、見知らぬ女を待ちながら詩人が作った歌なのだ。春になればこの歌をどこかの街角で耳にするだろう】